DAEJANGGUM.gif

2005年10月16日

チャングムの父が老師から受ける予言・・運命を握る3人の女。

こぼれ話でもないのだが、チャングムの父親が老師から受ける予言がある。
この予言がチャングムの父、母、そしてチャングムの一生をとなるのであるが・・・。

父(チョンス)が受けた予言とは・・・。

●1人目⇒お前が死なせるが、死なぬ。
「女今」・・・今日会った女(廃妃ユン)を意味する。
王より「廃妃ユンを毒殺せよ」という命を受け、ユンの毒殺に立ち会う。ユンは「そなたたちは必ず報いを受けるであろう」と言い残し自害する。この事がユンの息子である「燕山君」が王に即位することにより、関係者は追われる身になり、関わった人々は処刑される。

●2人目⇒お前が助けるが、お前によって死ぬ。
「川頁」・・・川に頭を浮かべた女(ミョンイ チャングムの母)を意味する。
川辺で瀕死の状態のミョンイ(チャングムの母)を助けることにより、チョンスは、老師の予言を思い出す。。

●3人目⇒お前を死なせるが、多くの命を救うであろう。
「女子」・・・女に子が関係している。

運命を知りながら、チョンスとミョンイは一緒になり、やがてチャングムが生まれることとなる。


posted by take-naka at 05:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ◎こぼれ雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2話「永遠の別れ」

チャングムの母と父は、身分を隠しひっそりと暮らしていた。その身分がわかってしまうと、自分たちだけでなく、チャングムにも危害が及ぶかもしれない。。

そのころ、宮廷では、王・燕山君(ヨンサングン)の暴政が行われ、生母ユンが毒殺されていた事実を知り、それに関わった人々を次々に処刑して言った。当然、チャングムの父もお尋ね者として手配されることとなった。。

ある日、チャングムと父は、村の祭りに出かける。チャングムが「お父さんは武官です」と言ってしまったことから、その身分がわかり、捕まってしまう。

母はチャングムを連れて、父を探すが、どこに連れて行かれたのもわからず、かつての親友ペギョンに助けを求めるのだが、それをチェ一族に知られることとなり、母・ミョンイは、捕らえられてしまう。

そして、護送される途中に刺客の放った矢により、チャングムが見守る中、息を引き取るのであった。。。
posted by take-naka at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。