DAEJANGGUM.gif

2005年10月16日

第2話「永遠の別れ」

チャングムの母と父は、身分を隠しひっそりと暮らしていた。その身分がわかってしまうと、自分たちだけでなく、チャングムにも危害が及ぶかもしれない。。

そのころ、宮廷では、王・燕山君(ヨンサングン)の暴政が行われ、生母ユンが毒殺されていた事実を知り、それに関わった人々を次々に処刑して言った。当然、チャングムの父もお尋ね者として手配されることとなった。。

ある日、チャングムと父は、村の祭りに出かける。チャングムが「お父さんは武官です」と言ってしまったことから、その身分がわかり、捕まってしまう。

母はチャングムを連れて、父を探すが、どこに連れて行かれたのもわからず、かつての親友ペギョンに助けを求めるのだが、それをチェ一族に知られることとなり、母・ミョンイは、捕らえられてしまう。

そして、護送される途中に刺客の放った矢により、チャングムが見守る中、息を引き取るのであった。。。


posted by take-naka at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。