DAEJANGGUM.gif

2005年10月29日

第4話「母の教え」母の教え宮廷でチャングムの危機を救う。。

宮廷に上がることのできたチャングム。だが、騒ぎを起こしてしまい訓練に出られなくなってしまう。。それでも部屋の外で必死に講義に耳を傾け、無事試験に合格する。

pic_16.jpg
その後、ハン尚宮の指導を受けることになるのであるが、ハン尚宮は「飲み水を持っておいで」としか言わず、何度持っていってもやり直しで、そんな繰り返しばかりであった。

そんな中、国中を激しい黄砂が襲い、食物が腐敗する事件が発生。チャングムは母に伝授された知恵で腐敗を防ぐことができた。


posted by take-naka at 16:04| Comment(0) | TrackBack(2) | ◎あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

第3話「夢の宮中」チャングムはついに宮中にいけるのか??

「宮廷の女官になって無念を晴らしておくれ」母の遺言を胸に一人で生きていくことを決心するチャングム。そんな頃、宮廷に酒を納めるカン・ドックの家に居候することとなる。

一方、宮廷では燕山君の暴政に不満を抱く臣下たちがクーデターを計画していた。そして、そのクーデターの事を次の王候補である普城大君に伝えようとしていたが、監視が厳しく伝えることができない。

クーデターの決行を伝える暗号を普城大君に伝えるのに何も知らないチャングムが酒を持っていくときに紙を渡すことになってしまう。
pic_02.jpg
普城大君の前で「私を女官にしてください」と願い出て、持ち前の利発さで任務を果たしたチャングム。クーデターは成功し、普城大君は中宗となり王位に就く。そして、チャングムも願いが聞き入れられ、女官として宮中に行くことが許される。

母が過ごした宮中。身分の差によるいじめを受けても、自分の素性を話さないチャングム。これからどんな試練が待っているのだろうか。。。?
posted by take-naka at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

チャングムの父が老師から受ける予言・・運命を握る3人の女。

こぼれ話でもないのだが、チャングムの父親が老師から受ける予言がある。
この予言がチャングムの父、母、そしてチャングムの一生をとなるのであるが・・・。

父(チョンス)が受けた予言とは・・・。

●1人目⇒お前が死なせるが、死なぬ。
「女今」・・・今日会った女(廃妃ユン)を意味する。
王より「廃妃ユンを毒殺せよ」という命を受け、ユンの毒殺に立ち会う。ユンは「そなたたちは必ず報いを受けるであろう」と言い残し自害する。この事がユンの息子である「燕山君」が王に即位することにより、関係者は追われる身になり、関わった人々は処刑される。

●2人目⇒お前が助けるが、お前によって死ぬ。
「川頁」・・・川に頭を浮かべた女(ミョンイ チャングムの母)を意味する。
川辺で瀕死の状態のミョンイ(チャングムの母)を助けることにより、チョンスは、老師の予言を思い出す。。

●3人目⇒お前を死なせるが、多くの命を救うであろう。
「女子」・・・女に子が関係している。

運命を知りながら、チョンスとミョンイは一緒になり、やがてチャングムが生まれることとなる。
posted by take-naka at 05:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ◎こぼれ雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2話「永遠の別れ」

チャングムの母と父は、身分を隠しひっそりと暮らしていた。その身分がわかってしまうと、自分たちだけでなく、チャングムにも危害が及ぶかもしれない。。

そのころ、宮廷では、王・燕山君(ヨンサングン)の暴政が行われ、生母ユンが毒殺されていた事実を知り、それに関わった人々を次々に処刑して言った。当然、チャングムの父もお尋ね者として手配されることとなった。。

ある日、チャングムと父は、村の祭りに出かける。チャングムが「お父さんは武官です」と言ってしまったことから、その身分がわかり、捕まってしまう。

母はチャングムを連れて、父を探すが、どこに連れて行かれたのもわからず、かつての親友ペギョンに助けを求めるのだが、それをチェ一族に知られることとなり、母・ミョンイは、捕らえられてしまう。

そして、護送される途中に刺客の放った矢により、チャングムが見守る中、息を引き取るのであった。。。
posted by take-naka at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

チャングム子役時代「チョ・ジョンウン」について

B000657QUGチャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ Alessandro Safina キム・ジヒョン
ポニーキャニオン 2005-02-02

by G-Tools

このチャングムのサウンドトラックジャケットの女の子が少女時代のチャングムを演じる「チョ・ジョンウン」。
「宮廷女官 チャングムの誓い」の出演で一躍注目を浴びる。その後、「アックジョンドンの宗家」をはじめ、数々のTV番組に出演。また、CMでも活躍中。

ということだけど、当初、この子は、チャングムの少女時代を演じる予定ではなかったようです。
しかし、監督にその演技力と愛らしさを評価され、急遽チャングムの少女時代を演じることになったようです。

しかし、全然似ていないのに、普通にチャングムと感じさせてしまうのは、やはり演技力と言うことなのでしょうね。
メイキング映像かなにかで、イ・ヨンエと遊んでいる映像を見たことがあるけど、なんかとってもいい雰囲気でした。
posted by take-naka at 01:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ◎こぼれ雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

第1話「二人目の女」

成宗13年(1482年)。朝鮮王朝第9代の王、成宗は元妃ユンを毒殺。現場に立ち会った武官の一人ソ・チョンスは王命に従っただけとはいえ、罪の意識に苛まれる。彼は、老師から自分の運命に関わる3人の女性の存在を告げられる。チョンスは一人目の女性が元妃ユンであることに思い当たる。

14年後、成宗を父に、元妃ユンを母に持つ燕山君が即位して2年。いまだに老師の言葉が忘れられないチョンスは、自らの運命から逃れようと官職を辞す。

宮中の台所、水剌間(スラッカン)。最高尚宮(チェゴサングン)の姪で女官のチェ・ソングムの挙動を不審に思った女官パク・ミョンイは、そのことを気味尚宮(キミサングン)に報告するが。。。
ミョンイは、門番と通じたと捕らえられ、毒を飲まされる。
歴代、最高尚宮をつとめるチェ一族はその地位を守るべく権力闘争に加担していたのだった。標的とした人物の食事に体調を悪化させるものを混ぜており、ミョンイが目撃したのはまさにその現場だったのだ。

4144071340韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 前編
NHK出版
NHK出版 2005-01-26

by G-Tools


チャングムの父と母の過去をさかのぼり、チャングムがおかれている立場の背景や、宮中とチェ一族との関わり、物語の根幹になる部分だ。3人の女・・・父の運命は、チャングムも大きく関わっていくことになり、それはまたチャングムの一生を決定することになる。

posted by take-naka at 17:38| Comment(1) | TrackBack(1) | ◎あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「宮廷女官 チャングムの誓い」いよいよNHK地上波でオンエア。

「宮廷女官チャングムの誓い」がいよいよNHK地上波で放送されます。先んじてBSで放送されていましたが、大きな話題を呼んでいる作品です。

このドラマ、は韓国で2004年に放映されたドラマで、なんと50%以上の視聴率を誇った番組です。朝鮮王朝の中期15世紀〜16世紀前半が舞台となり、日本では室町幕府の時代になります。

長今(チャングム)は、史書の中に出てくる医女ですが、実際のところ詳細は不明です。しかし、男女不平等の時代に王の主治医となったとされています。
料理人チャングムは、ドラマの脚色ですが、料理、医術を通じて、チャングムはそれぞれ師匠のもと修行し、学びます。

チャングムは、父母の愛を支えとして、この師匠のあだ討ちに命を懸けて生きてゆきます。
女性の物語は、文学、映画、テレビドラマのテーマとしては、恋愛などが主流となりますが、師弟をテーマにここまでの物語を築き上げておるのは「ヘレン・ケラー」とこの「宮廷女官 チャングムの誓い」のみであろうと言われた人もいます。
posted by take-naka at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。